背面切開法 包茎手術

背面切開のメリットとデメリットとは

 

包茎手術といえば、まず代表的なのは、亀頭の下の部分からリング状に皮を切り取り、その抜けた部分の上下をつなぎ合わせる「亀頭直下法」。

 

次には同様のことを亀頭の下ではなく、陰茎の根元に近い所でやる「根部形成法」です。

 

これらが本格的な陰茎手術と呼ぶとすれば、もう少し軽い手術で済ませる方法があります。たとえば「背面切開法」です。

 

これは亀頭を覆っている皮のうち、裏側の部分を立てに切ります
もし、皮と亀頭が癒着しているのならば、それも切り離します。
切れ目を入れた皮膚は、今度は向けやすい状態に広げ、その位置で縫い合わせます。

 

亀頭直下法では部分麻酔ですが、こちらは全身麻酔です。が、体への負担が背面切開法の方が少なくて済みます。というのは、皮を取り除くことがないからです。
ですから、子供の包茎手術として用いられることも多いようです。

 

ただ、デメリットもいくつかあります。最大のものは、これでは完全な包茎の解消にはならないことでしょう。真性包茎やカントン包茎を軽度の仮性包茎にまで持ってくる程度です。

 

また、亀頭を覆っていた皮が今度は左右に開いてしまうことになります。見た目が良くないのです。

 

このように少し満足度に問題が残る可能性があります。なので、カウンセリングの際には、どの程度傷が残るのか、見栄えはどうなるのかを十分に説明を受けておく必要があります。もし、その説明があやふやならば、医師の技術力を疑ってみた方がいいでしょう。

 

 

包茎手術のおすすめクリニック比較はこちら