ノン切開法 包茎手術

切る手術が一般的ですが…

 

包茎手術といえば、余った皮をぐるりとベルト状に取り除き、残した分をつなぎ合わせる方法がよく知られています。
この皮を取り除く方法や、その位置によって、「亀頭直下法」「根部形成法」「クランプ法」といった名前が使い分けられています。

 

多くは入院の必要もないぐらい、体への負担が少ないものです。が、「傷跡が奇麗にならなかった」「必要以上に皮を短くしてしまって、勃起(ぼっき)すると痛みが走る」「亀頭がちゃんと出てこない」といったトラブルも報告されています。

 

が、なによりも体にメスをいれることに抵抗があるのは、あまりに自然な感情でしょう。しかも、陰茎という男性にとって、あまりに特別な部位です。「できれば手術など避けて通りたい」と思わない人などいないでしょう。

 

仮性包茎なら切らない手術もOK

 

そういった人の期待に答えるべく、いくつかの切除を伴わない手法も開発されています。それらはまとめて「ノン切開法」などと呼ばれています。

 

たとえば「ナチュラルピーリング法」です。女性がよくやる「二重まぶた」の手術に似ています。美容整形外科用の細い糸で、皮を何カ所か縫い付けます。これで、亀頭部分で皮が開いている状況を人工的に作り出します。「皮に癖をつける」といった感じです。

 

あるいは、同様に癖をつけようと皮を保持するために接着剤を使うこともあります。
これは「固定法」と呼ばれます。
費用はあまりかからず、傷も残らないのが、これらノン切開法のメリットです。

 

が、引っ張れば亀頭が出てくることが前提なので、仮性包茎限定の対策です。また、糸や接着剤がなくなれば、元に戻ってしまう心配もあります。

 

 

包茎手術のおすすめクリニック比較はこちら