包茎手術を受けた後の禁止事項

包茎手術を受けた後の禁止事項

包茎手術を受けて包茎を解消した後は、厄介な悩みから解放されてとても良い気分になると思われますが、包茎手術を受けた後には様々な禁止事項がありますので、必ず守るようにしてください。

 

禁止事項にはアルコールの禁止・シャワーの禁止・セックスやマスターベーションの禁止・激しいスポーツの禁止・自転車やバイクの運転の禁止などが挙げられています。

 

アルコールは傷口が化膿することがあり包茎手術を受けた日から1週間くらい禁止になりますし、セックスやマスターベーションは4週間後から良いと言われていますが、医師のOKが出るまでは我慢しましょう。

 

そしてシャワーですが、術後3日目から良いと言われていますが、傷口は強く洗わないほうが良いですし、ペニスにシャワーで強い刺激をあてないようにしたほうが良いようです。 しかし手術を受けた日からでも、濡れたタオルで体を拭くことや、髪の毛を洗うことは良いと言われていますので、ペニスが濡れないように上手く行ってください。

 

 

また激しいスポーツは傷口が開いてしまう可能性があると言われていますので、1週間くらいは行わないようにしましょう。 それと自動車の運転は術後すぐに行っても良いようですが、自転車やバイクはサドルにまたがることで股間が擦れてしまい、傷口に良くありませんので、1週間くらいは乗らないようにしてください。

 

このように多くの禁止事項がありますので、手術を受ける男性は覚えておくと良いでしょう。

 

 

包茎手術のおすすめクリニック比較はこちら